(8月18日発表)アフラック生命保険株式会社からの新型コロナウイルス感染症対策のための寄附

2020年8月19日 登録

本年5月の寄附1億円に続き2回目

調布市と「包括的パートナーシップに関する協定」を締結しているアフラック生命保険株式会社から、新型コロナウイルス感染症対策や医療機関、医療従事者への支援を目的として、ご寄附をいただきました。

寄附概要

寄附物品

医療用マスク N95  1,920枚
(新型コロナウイルス感染症対策及び医療機関、医療従事者への支援として)

寄附物品の活用(予定)

調布市医師会へ提供させていただき、市内医療機関や調布市PCRセンターなどで活用する予定です。

調布市とアフラック生命保険株式会社によるこれまでの相互連携のあゆみ

平成6年にアフラック生命保険株式会社が調布に自社ビルを建設して以来、調布市とアフラック生命保険株式会社は、相互友好協力関係を築いてきました。

平成22年には調布市とアフラックとの「がん啓発・がん検診の受診率向上に向けた包括的連携に関する協定」を締結し、がん検診受診を促進する情報発信など、市民の健康維持・増進を基軸とした取組を進めてきました。また、スポーツ・文化振興、障害者支援、教育、子育て支援など様々な分野における連携・協働事業について、実践を重ねながら協力関係を深めてきました。

令和の時代に入り、調布市の新たな基本計画が令和元年4月にスタートしたことも踏まえ、同年8月には、これまで築いてきた両者の協力関係をより一層強固なものとし、調布のまちの持続的な発展と社会的課題の解決に向けて、それぞれの保有する特性・資源・ノウハウ等を生かしながらこれまで以上に幅広く多様な分野において連携・協働し、地域の活性化と市民サービスの向上、社会的価値の創出に取り組むことを目的として、「包括的パートナーシップに関する協定」を締結しました。 

主な取組事業

調布市とアフラックとの「がん啓発・がん検診の受診率向上に向けた包括的連携に関する協定」に基づく取組(募金・啓発活動、ゴールドリボン運動等)

  • 市民スポーツまつりにおける「アフラックスポーツガーデン」の開催
  • 市民や地元企業に対する健康増進セミナーの開催検討
  • ラグビーワールドカップ2019TM日本大会におけるファンゾーンin東京にあわせた市のおもてなしイベント「調布スクラムフェスティバル」での連携した取組 など

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課 新型コロナウイルス感染症対策担当
電話番号:042-481-7233
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。