特定外来生物クビアカツヤカミキリを見つけたら駆除を

2020年9月5日 登録

平成24年に愛知県で最初の被害が確認され、その後、関東地方にも侵入し、桜並木や果樹園などにも大きな被害をもたらしています。
近年では都内でも被害が発生し、平成30年には外来生物法の「特定外来生物」に指定されました。クビアカツヤカミキリを見つけたら、逃がさずその場で殺虫剤などで駆除してください。生きたまま持ち帰ることは法律で禁止されています。飼育や販売も違法です。被害の拡大防止にみなさんのご協力をお願いします。

クビアカツヤカミキリとは

サクラやモモ、ウメ、スモモなどの樹木に寄生し、幼虫が木の内部を食べてしまうカミキリムシです。

画像を選択すると、より大きい画像でご覧いただけます。
クビアカツヤカミキリの写真
クビアカツヤカミキリの写真(100KB)(jpg)

被害の見つけ方

フラス

幼虫の活動時期は4から10月頃までで、この期間の幼虫は「フラス」と呼ばれる食べた木くずとフンが混じったものを、幹や枝に開けた穴(排出孔)から盛んに排出します。樹皮の表面や枝の分かれ目、根元などでこのフラスを見つけることが、発見の手掛かりになります。

画像を選択すると、より大きい画像でご覧いただけます。
フラスの写真

フラスの写真(251KB)(jpg)

脱出孔

羽化した成虫が木の外へ出るときに使った穴で、直径2から3センチメートル程度、縦長の楕円形です。

画像を選択すると、より大きい画像でご覧いただけます。
スクビアカツヤカミキリの脱出孔の写真
スクビアカツヤカミキリの脱出孔の写真(335KB)(jpg)

 特定外来生物とは

「外来生物」とは、海外から導入され、本来の生息・生息地外に存在する生物のことです。外来生物法では、生態系や人間の健康、農林水産などに大きな被害を与える恐れがある外来生物を「特定外来生物」として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取り扱いを規制しています。

東京都クビアカツヤカミキリホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。