(8月31日発表)令和2年第3回定例記者会見

2020年9月1日 登録

令和2年第3回調布市議会定例会に伴う定例記者会見

市長あいさつ

調布市長の長友でございます。記者の皆様におかれましては、本日は大変お忙しい中、調布市の定例記者会見にご出席くださいまして、誠にありがとうございます。
8月の末日になりましたが、まだ全国的に30度代半ばを突破するような気温も散見されるような状況でございます。その中で、新型コロナウイルスの影響で、市内公立小・中学校の夏休み期間が例年の半分以下に短縮となっており、余裕をもった夏休みの期間を取ることができない状況にあります。
東京都知事からは旅行などの自粛も呼びかけられるなど「特別な夏」の中で、熱中症による死者は新型コロナウイルス感染症の死者数よりも多いことから、感染症予防と熱中症対策の両面を備えた厳重警戒が必要となっております。
新型コロナウイルス感染症については、東京都では7月以降、新規感染者が連日3桁を記録し、8月1日には、過去最多感染者数を更新するなど、感染状況は都内全域で多世代に広がっております。また、調布市をはじめ多摩地域においても新規感染者が増加し収束が見通せない状況が続いております。
こうした中、市は国・東京都の方針や施策をはじめ、関係機関・団体など多様な主体と連携を図りながら、引き続き、感染症拡大防止に向けた取組、市民生活及び子どもたちへの支援、そして、地域経済への支援、この3本の柱により安全な市民生活の確保と社会・経済活動支援の両面から取組を進めております。
次に、防災・災害対策について触れさせていただきます。
本年7月に、九州や中部地方などで発生した「令和2年7月豪雨」により、日本各地で甚大な被害が生じ大変多くの方がお亡くなりになりました。犠牲になられた方々に改めて哀悼の意を表するとともに、被災地の一刻も早い復興を祈念申し上げる次第です。
調布市は昨年、市内に多くの被害をもたらした台風19号対応で明らかになった課題や新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえ、風水害等の災害時の体制を整えております。
具体的には市が管理する水路や多摩川に続く調布排水樋管に水位計、水の流れを表示する流向計、監視カメラを設置し、水位上昇時における監視体制を強化するとともに、水位や監視カメラの画像を市民が確認できる「防災河川情報ポータルサイト」を開設しました。
そのほか、避難所における新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ、先月、避難所となる小学校4校において避難所開設訓練を実施しました。当日は校舎や学校敷地内を活用し、発熱者や、要配慮者、ペット同行者について、受付や避難スペースを分けて対応するという実践的な訓練を実施したほか、体育館ではロープで距離を測って避難者同士のスペースを十分に確保した上で、ダンボールを利用したパーテーションや、ベッドを設置するなどの訓練も実施しました。
さらに、試験的な取り組みとして、スマートフォンを用い、市民が避難所の状況を把握できるとともに、職員が情報を共有できる「避難所受付・情報共有システム」を導入しました。これにより、市内の避難所の混雑状況をリアルタイムで把握できるとともに、職員間の音声での連絡内容が自動でテキスト化され、記録として活用できるほか、現場から送られる画像も共有できます。また、避難所で感染者が発生した場合、受付時に登録した避難者のメールアドレス宛に、濃厚接触の可能性を知らせることもできる仕様となっています。
今後、今回の訓練の内容を市民の皆さんや学校、市職員、関係機関等と共有し、訓練を繰り返しながら、有事の際の迅速・的確な情報共有に生かしてまいります。
さて、今議会では、令和元年度の決算をはじめ、20件の案件を議会に提案、報告いたします。
令和元年度は、後期基本計画の初年度として、基本計画における5つの重点プロジェクトをはじめとする諸施策の着実な推進を図るとともに、市民の安全・安心の確保や市民生活支援等に継続的に取り組みました。
令和元年度一般会計歳入歳出決算の概要としましては、歳入決算額は977億7000万円余、歳出決算額は942億9000万円余となり、歳入歳出差引額は34億7000万円余、実質収支は30億1000万円余となりました。
決算につきましては一般会計のほか、5つの特別会計についての認定をお願いするものです。
次に各会計の令和2年度補正予算についてです。
今回は一般会計及び4つの特別会計について補正予算案を編成しました。
そのうち、一般会計補正予算第5号案の特徴点を申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の「感染症拡大防止に向けた取組」として、新たに感染拡大の可能性が高いと思われる施設等で感染者が発生した場合に、その施設へ出向き、濃厚接触者に限らず、感染者の周囲の利用者や職員等に対象を拡充してPCR検査を実施するなど、調布市医師会と連携しながら、医療提供体制の更なる強化に取り組んでまいります。
また、地域経済への支援として、売り上げの減少した市内事業者の事業継続を下支えするための家賃支援を実施するほか、年末に実施するスクラッチカード事業費を増額いたします。
また、今月20日から購入受付を開始した「調布市スーパープレミアム付商品券」については、飲食店やスーパーマーケットをはじめ、医療機関や理美容室など様々な業種の店舗で利用できます。この商品券の購入の申し込みは9月2日までであり、28日から使用・販売を開始いたします。年末に調布市商工会が主体となって実施する、スクラッチカード事業とともに、より多くの市民の皆さんに御利用いただき、市民生活への支援と合わせ、市内消費喚起による事業者への支援を図ってまいりたいと考えています。
その他、補正予算の具体的な内容については、この後、担当から説明させていただきます。
冒頭にも申し上げましたが、新型コロナウイルス感染症については依然として収束の見通しが立っておらず、市民や事業者の皆様におかれては長引くコロナの影響で、先行きの見えない状況の中、様々な不安を抱えていることと存じております。
市は今後も住民に最も近い基礎自治体として市民に寄り添い、市民生活に安心感をもたらすことができるよう、市民・事業者をはじめ関係機関・団体など多様な主体との連携を図りながら、引き続き可能な対策を追求していく所存です。
本日お集まりいただいた報道各機関の皆様におかれましては、本日の記者会見でお知らせする調布市の取り組みについて取り上げていただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。

令和2年第3回調布市議会定例会提出議案概要

  • 健全化判断比率等について 1件
  • 専決処分の報告 1件
  • 令和元年度一般会計歳入歳出決算の認定 1件
  • 令和元年度特別会計歳入歳出決算の認定 5件
  • 令和2年度特別会計等補正予算 4件
  • 条例の一部改正 3件
  • 市道路線の廃止  1件
  • 権利の放棄 1件
  • 教育委員会委員の任命 2件

配布資料

その他の情報提供

  1. 調布能楽 odyssey 急 新作能 深大寺 蕎麦の能「月魄(げっぱく)」
    • 日程
      11月23日(月曜日・祝日)午後3時から
    • 会場
      文化会館たづくり2階 くすのきホール
      (注)劇場入場とライブ配信の2種類のチケットを販売します
    • 問い合わせ
      公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団 芸術振興事業課 042-481-7611
      生活文化スポーツ部文化生涯学習課 042-481-7541
  2. 調布能楽 odyssey 急 関連講演会「調布の歴史・文化を学ぶ 深大寺を中心に」
    • 日程・内容
      第1回 10月8日(木曜日)午後2時から4時まで
      「深大寺周辺の考古学的状況 深大寺城跡を中心に」
      第2回 10月22日(木曜日)午後2時から4時まで
      1部「深大寺と指定文化財」
      2部「深大寺の元三大師像とその周辺」
    • 会場
      文化会館たづくり8階 映像シアター
    • 定員
      各回52人(予定)
    • 問い合わせ
      公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団 芸術振興事業課 042-481-7611
      生活文化スポーツ部文化生涯学習課 042-481-7541
  3. アフラック生命保険株式会社からの新型コロナウイルス感染症対策のための寄
    • 寄附物品
      医療用マスク N95 1,920枚(新型コロナウイルス感染症対策及び医療機関、医療従事者への支援)
      (注)本年5月の新型コロナウイルス感染症対策のための寄附1億円に続き2回目
    • 問い合わせ
      健康推進課 新型コロナウイルス感染症対策担当 042-481-7233

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。