9月は健康増進普及月間

2020年9月4日 登録

のぼり旗の写真

健康寿命と平均寿命

近年、「健康寿命」を延ばすことが注目されています。健康寿命とは、病気や怪我などで寝たきりにならず、介護などを受けない自立した生活ができる期間のことです。平均寿命が延伸しても、健康寿命との差が拡大すれば、生活の質が低下するとともに、医療費や介護給付費が多く掛かることになります。この平均寿命と健康寿命の差は約10年といわれており、この間、制限のある日常生活を過ごすことになります。

健康寿命を延ばすためには、運動習慣の定着や食生活の改善など健康的な生活習慣が大切です。
市では、「健康づくり 始める・続ける・楽しんで」を基本理念に調布市民健康づくりプラン(第3次)の推進に取り組んでいます。市民一人ひとりが自分でできる健康づくりのきっかけと提案しています。

調布市ウォーキングマップ

健康寿命の延伸と言えば、運動習慣の定着や食生活の改善が大切ですが、昨年度運動習慣を実践していただくために、ウォーキングマップを作成しました。紹介しているウォーキングのコースは4つで、調布市民健康づくり始める会の皆さんが何度も下見をして作成したおすすめコースです。いずれも4から5キロメートル程度なので無理なく歩けます。調布の文化や歴史、自然を楽しみながら、マップを片手にまずは運動習慣を“始めて”みましょう。新型コロナウイルス感染症が流行していますが、残暑厳しい際は熱中症には十分注意しましょう。マップは、市役所2階総合案内窓口、健康推進課などでお配りしています。市ホームページでもご覧いただけます。

この月間を機会に、健康的な生涯を過ごすために、定期的な運動やバランスのとれた食生活、節酒や禁煙、早寝早起きなど身体に良いことをはじめてみませんか。

(調布市健康づくりプラン基本理念)
「健康づくり 始める 続ける 楽しんで」
(調布市健康づくりプラン基本目標)
「元気でいきいきとした生涯」
「人とつながり、ぬくもりを感じる生涯」

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。