監理団体の事業内容・財務状況を公開(令和2年度)

2020年9月9日 登録

監理団体とは

監理団体とは、「市が一定割合以上の出資・出えんを行っている団体」、「市が継続的に一定割合以上の財政支援を行っている団体」、「市が継続的に人的支援を行っている団体」などのうち、市が要綱で定めている団体をいいます。
具体的には、以下のいずれかに該当する団体のうちから要綱で定めています。

  1. 市の出資又は出えんの割合が当該団体の資本金又は基本財産の4分の1以上の団体
  2. 市が継続的に財政支援を行う団体で、かつ、市の財政支援の割合が当該団体の総収入の概ね2分の1以上を占める団体
  3. 市が継続的に人的支援を行う団体
  4. 1、2、3に掲げるもののほか、特に指導監理を必要とする団体

監理団体に対する市の取組

監理団体を取り巻く環境は、指定管理者制度の創設や公益法人制度改革など、大きく変化してきました。
調布市では、これまでも、監理団体の指導監理に努め、市の財政支出を削減するなど、監理団体の経営改善に向けた取組を行ってきました。
平成18年度から平成20年度においては、各監理団体が策定した「経営改善計画」に基づき、監理団体の経営改善を促進するとともに、監理団体の自主性・自立性を高める取組を推進しました。
また、平成23年12月には、市と監理団体におけるこれまでの連携・協力の取組や取り巻く環境の変化等を踏まえ、監理団体に対する市の関与の在り方や監理団体が果たすべき役割を明確にするため、「調布市における監理団体活用の考え方」をまとめました。
今後も引き続き、「行革プラン2019(1,031KB)(PDF文書)」に掲げる「監理団体の活用・連携の強化」の取組として、監理団体と市が共に市民サービスの向上等に関する取組を進めていくため、双方の連携をより一層促進します。あわせて、監理団体の活性化に向けた取組や指導監理を推進します。

各監理団体の事業内容や経営状況については、以下のダウンロードファイルをご覧ください。また、監理団体名をクリックすると、各団体のホームページがご覧いただけます。

監理団体別事業内容・経営状況
監理団体名 事業内容・役職員の状況・財務状況等
一般財団法人調布市市民サービス公社(外部リンク) 内容・状況等(119KB)(PDF文書)
調布エフエム放送株式会社(外部リンク) 内容・状況等(134KB)(PDF文書)
調布市土地開発公社 内容・状況等(111KB)(PDF文書)
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団(外部リンク) 内容・状況等(107KB)(PDF文書)
社会福祉法人調布市社会福祉協議会(外部リンク) 内容・状況等(114KB)(PDF文書)
公益財団法人調布ゆうあい福祉公社(外部リンク) 内容・状況等(111KB)(PDF文書)
社会福祉法人調布市社会福祉事業団(外部リンク) 内容・状況等(109KB)(PDF文書)
公益社団法人調布市体育協会(外部リンク) 内容・状況等(111KB)(PDF文書)
調布市国際交流協会(外部リンク) 内容・状況等(110KB)(PDF文書)
一般財団法人調布市武者小路実篤記念館(外部リンク) 内容・状況等(107KB)(PDF文書)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 企画経営課
電話番号:042-481-7362・7368・7369
ファクス番号:042-485-0741
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。