発電機の屋内使用は大変危険(東京都生活文化局)

2020年9月17日 登録

発電機の屋内使用は大変危険です!(東京都生活文化局)

家庭用の小型発電機は、ガソリンやカセットボンベを燃料とする発電機で、地震や台風などの災害時の停電対応やアウトドアでの使用など、便利な一方、屋内や風通しの良くない場所で使用すると一酸化炭素中毒を起こし、死亡事故につながる危険があります。
発電機の置き場所や取扱方法を確認し、事故を未然に防ぎましょう

アドバイス

  • 小型発電機の運転中の排気ガスには、一酸化炭素が多く含まれています。極めて危険なので、換気していても屋内では絶対に使用しないでください。
  • 屋外で使用する場合でも、一酸化炭素中毒になるおそれがあります。屋外だからといって安心せず、風通しの良いところで使用してください。

詳しくは「ダウンロード」のPDF文書をご確認ください。 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。