(9月29日発表)令和2年度「ごみ減量キャンペーン」

2020年9月29日 登録

SDGsのロゴ画像

ごみ減量キャンペーン

3R推進月間及び食品ロス削減月間にちなみ、「ごみ減量キャンペーン」を実施します。
今年は、新型コロナウイルス感染症の影響により家にいる時間が増えたことで、ごみの量が増えています。

(注)例年は、市内大型店舗の店頭に立ち水切りネットを配布し、市民に3Rの推進を呼びかけていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今年は実施方法を下記の通り変更しました。

水切りネットの配架

生ごみの水分を減らすのに役立つ水切りネットを配架します。 
今年度から、従来のプラスチック製を廃止し、「生分解性素材」のものを配架します。
なお、この水切りネットはとうもろこしのデンプンを原料としているため、焼却しても有害物質は発生せず、大気中の二酸化炭素量も増加しません。また、適切に処理されなかった場合も微生物により分解され、土に戻ります。

期間

10月1日(木曜日)から31日(土曜日)まで

場所

ごみ対策課(市役所2階)、神代出張所、各地域福祉センター、公民館、市民プラザあくろす

「ごみ減量ポスター」と「ちょうふエコ川柳」の作品展示

今年度応募のあった全作品を展示します。来場者の投票で優秀賞が決まります。

ごみ減量ポスターの画像ちょうふエコ川柳の画像

期間

9月25日(金曜日)から10月1日(木曜日)まで

時間

午前9時から午後9時30分まで
 ただし、最終日は正午まで

場所

文化会館たづくり11階みんなの広場

市報ちょうふに特集記事を掲載

市報ちょうふ9月20日号の8・9面に「みんなで減らそう調布のごみ」を掲載しました。

市報ちょうふの画像

調布ごみダイエット注意報

一人1日当たりの家庭ごみの量の目標(注)を達成できているかをお知らせする「調布ごみダイエット注意報」をあらたに広報します。令和2年4月以降、四半期ごとに市報や市ホームページ、ごみアプリなどでお知らせしていきます。

(注) 「一人1日当たりの家庭ごみの量の目標」とは、今後どのようにごみの減量化に取り組んでいくのかなどを決めた「調布市一般廃棄物処理基本計画」の中で定めた目標です。
平成25年度から令和4年度までの10年間が計画期間で、年度ごとに目標を定めています。最終年度(令和4年度)の目標は360グラムです。

令和2年4月から6月までの状況

目標を達成できていません。
ごみ減量への取り組みにご協力ください。

ごみ注意報の画像ごみ注意報のアイコンの説明画像

水切りネット素材の変更

例年、「ごみ減量キャンペーン」では、水切りネットを配布し、市民に3Rの推進を呼びかけています。
この度、世界的な地球環境問題となっている海洋プラスチックごみ問題に対して、国や東京都の取組と連携するとともに、令和2年4月から「CHOFU(調布)プラスチック・スマートアクション」を立ち上げ、海洋プラスチック問題に積極的に取り組んでおり、プラスチックごみの減量や地球環境問題に配慮した取組として、今年度から従来のプラスチック製を廃止し、「生分解性素材」の水切りネットを配布します。
なお、当該水切りネットはとうもろこしのデンプンを原料としているため、焼却しても有害物質は発生せず、大気中の二酸化炭素量も増加しません。また、適切に処理されなかった場合も微生物により分解され、土に戻ります。

水切りネットの画像水切りネット使用に協力をもとめる画像

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ対策課
電話番号:042-481-7812
ファクス番号:042-368-9921
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。