(10月2日発表)LINE公式アカウント「調布市スマイのミライ教えてナビ!」を公開

2020年10月2日 登録

「空き家化の予防」を目指す

令和2年10月1日。調布市は、LINE公式アカウント「調布市スマイのミライ教えてナビ!」(以下 スマイナビ)を公開しました。
本事業は、LINE株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役社長 出澤 剛)、ソーシャルデータバンク株式会社(本社 東京都港区、代表取締役 伊藤 俊輝)と連携し、調布市における空き家予備軍(将来空き家になる可能性が高いと想定される関係者)の関心喚起と住民意識の啓発を目的に、実施する参加型構築プロジェクト(以下 本プロジェクト)です。

同年10月11日(日曜日)に開催する調布市空き家エリアリノベーション事業「スタートアップ記念トークイベント(オンライン)」において、特別告知として「スマイナビ」の機能、使い方、今年度予定するイベントと共に、利便性を高めるアイデアの機能進化へのプロセスを紹介します。
「スマイナビ」は、多岐にわたる課題に対し、安全安心でより身近な相談窓口への玄関(ゲートウェイ)を目的にした「相談」メニューと、情報収集、事例紹介、地域コミュニティの交流、利活用提案等を目的にした「学び」メニューの2つを軸に構成しています。

イメージ画像

二次元コードからの登録

スマートフォンのカメラ機能等から、次の二次元コードを読み込んでください。

QRコードの画像

本プロジェクトの「参加型構築」について

目的

調布市は、LINE株式会社、ソーシャルデータバンク株式会社と連携し、「空き家の未然抑制」・「相談推進」を図る新たなプラットフォームの構築を目指します。 
本プロジェクトでは、啓発事業等を通じた市民参加による機能改善を加えることで、利便性を高め、空き家問題への関心喚起を促すことを目的に実施します。

内容

  1. LINE公式アカウント「調布市スマイのミライ教えてナビ!」のプラットフォーム、技術的供与及び運営支援等の連携
  2. コンテンツの開発、実装、オンライン相談会、啓発イベント等の実施
  3. 登録情報を活用した意向分析等の研究及び機能改善及び反映

発表等

  1.  令和2年8月31日東京都「住宅政策本部」発表
    「令和2年度先駆的空き家対策東京モデル推進支援事業」の採択事業を決定
  2. 令和2年9月15日調布市「都市整備部住宅課」発表

調布市における空き家の予防化を目指し、LINE公式アカウント「スマイのミライ教えてナビ!」の運用を開始します。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 住宅課 空き家施策担当
電話番号:042-481-7817
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。