(10月6日発表)武者小路実篤記念館 秋の自然観察会

2020年10月6日 登録

実篤の愛した武蔵野の自然を知る

実篤公園・周辺緑地の散策や、科学的な植物スケッチなどから、現在に残る武蔵野の自然について知る講座です。
武蔵野に特徴的な地形として、立川市から大田区にかけて連なる古多摩川の河岸段丘があります。「国分寺崖線」と呼ばれるこの地形は、変化に富んだ地形と段丘の下から湧く湧き水によって、豊かな自然をはぐくんでいます。

子どもの頃から「水のある処に住みたい」という夢があった武者小路実篤は、国分寺崖線の一部である仙川の地(現・実篤公園)を気に入って移り住み、70歳から90歳までの晩年を過ごしました。わき水や池、樹木をできるかぎりそのまま残すようにしたため、今でも豊かな自然を見ることができます。
長年にわたり国分寺崖線の植物を観察し続けている講師とともに、実篤公園と周辺の緑地を歩いて地形を体感し、そこに見られる植生の特徴や人の生活との関わりを学びます。

講師

冨田 広 氏
(自然観察指導者)

日時

11月21日(土曜日)
午前10時から午後3時まで
(注)小雨決行

会場

実篤公園と周辺緑地

参加費

500円

定員

7名

申し込み

往復はがきの往信面に、講座名・応募者全員(1枚につき2名まで)の氏名(ふりがな)・年齢・郵便番号・住所・電話番号を、返信面にご自身の宛先を明記し、11月7日(土曜日)必着で実篤記念館まで。

注意事項

  • 応募者多数の場合は抽選を行います。
  • はがき締め切り後、定員に余裕がある場合は11月8日(日曜日)午前9時から11月20日(金曜日)午後5時まで先着順で電話受付。詳細は実篤記念館までお問い合わせください。

その他

  • 野外を長時間歩きます。体力と体調を考慮して、参加をご検討ください。
  • 歩きやすく滑りにくい靴、動きやすく汚れてもよい服装でご参加ください。

問い合わせ先

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

郵便番号 182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
電話 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。