(10月15日発表)武者小路実篤記念館 秋の特別展関連行事 解説と見学「白樺の情熱、ロダンの贈りもの」

2020年10月19日 登録

秋の特別展「「白樺」創刊110年 美術への情熱」160冊に込めた思い 関連行事

明治43(1910)年4月に武者小路実篤や志賀直哉らが中心となって創刊した雑誌「白樺」は、1923年(大正12年)8月まで13年余の間に、160冊を刊行し、毎号に必ず美術図版を載せ、芸術家の特集号を組むなど、美術雑誌としての一面も持っていました。

その中で、創刊の年の11月に発行したロダン記念号を編集する際、ロダンに誕生日を問い合わせる手紙を送ったことをきっかけに、ロダンとの交流が始まり、翌年12月には3点の彫刻を贈られました。これは日本にもたらされた初めての本物のロダン作品でした。
これを契機に、大正6(1917)年に白樺同人たちは、国内でオリジナルの西洋美術を鑑賞できる公共の美術館の設立を提唱します。

現代彫刻の開拓者・巨匠ロダンへ遥か極東の国・日本の無名の若者だった白樺同人が手紙を出したことから生まれた交流をたどり、ロダンから贈られた3点の彫刻が日本にもたらした影響を考えます。

開催概要

日時

11月14日(土曜日)
午後2時から3時30分まで 

講師

福島さとみ(当財団事務局長・学芸員)

会場

調布市武者小路実篤記念館

定員

10人

参加費

一人330円
(注)入場料別途

申し込み

往復はがき往信面へ、希望する講座名、応募者の氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住所、電話番号を、復信面へご自身の宛て名を明記の上、10月31日(土曜日)必着で実篤記念館までお送りください。
葉書1枚につき2名まで応募可。ただし、応募者全員の必要事項を記入のこと。応募者多数の場合は抽選。なお、締切後、定員に余裕がある場合は電話で受け付けます。お問い合わせください。

問い合わせ先

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

郵便番号 182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
電話 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。