深大寺・佐須地域の公有化土地を暫定活用した環境学習

2020年11月13日 登録

深大寺・佐須地域は、まとまった都市農地と国分寺崖線の緑が連続し、里山風景を形成している地域です。
市では、地域の豊かな環境を調布の財産として次世代に引き継いでいくため、田畑・里山・水路などの環境を保全・活用する取組を進めています。
その取組の一環として、生産緑地の買取り申出のあった土地を公有化し、環境教育や環境学習の場として暫定活用しています。

田植えの写真稲の写真(南側から)

小学校児童向けの環境教育

地域の農を通じた環境教育を推進するため、柏野小学校の児童の農業体験の機会の場として、当該地を活用しています。

令和2年10月5日(月曜日)には、小学校5年生が、NPO法人東京あぐりの指導のもと、稲刈りを行いました。

収穫したお米は、小学校の給食などでお出しする予定です。

稲刈りの写真稲を束ねる写真稲を干す写真干した稲の写真

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。