府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2020が開催される

2020年12月2日 登録

令和2年11月28日(土曜日)、AGFフィールドで「府中・調布・三鷹ラグビーフェスティバル2020」を開催しました。

このイベントは、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、新たなラグビーファン層の開拓と機運醸成を図るため、調布市、府中市、三鷹市の3市で連携して実施してきたもので、今年で5回目の開催となりました。

今年はコロナ禍での開催となったため、厳重な感染症対策をしたうえで、来場者の皆さんをお迎えしました。

検温の写真コロナアプリ案内の写真

東芝ブレイブルーパス選手OBによるトークショー

東芝ブレイブルーパスで選手として活躍されていた、普及・採用担当の望月雄太さんと普及担当の大野均さんによるトークショーが行われました。トークショーでは、お二人の仕事の内容や選手、スタッフのコロナ禍での過ごし方、地域とのつながりなど、たくさんの興味深いお話をお聞きすることができました。

トークショーの写真

トレーニングマッチ

ラグビーフェスティバル2020のメインイベントである、東芝ブレイブルーパス対クボタスピアーズによるトレーニングマッチが行なわれました。序盤から激しいプレーの連続で、とても白熱した試合が繰り広げられました。

試合の写真スクラムを組む写真

 試合はクボタスピアーズの勝利。敗れた東芝ブレイブルーパスも鋭いタックルや素晴らしいトライを決め、会場を盛り上げました。

観客の皆さんも新型コロナウイルス感染症対策で、声を出して応援が出来ない中、大きな拍手で選手の健闘を讃えました。

また、3市と東芝の協力により、この試合の模様をオンライン配信し、50万人を超える方が視聴しました。

選手による集合写真

すべてのイベントが終わると、選手と観客の皆さんで集合写真を撮りました。これから始まるラグビートップリーグでも両チームの素晴らしいプレーを期待したいと思います。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7447
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。