想定浸水深表示板の設置

2021年1月27日 登録

想定浸水深表示板の設置について

国が推進する「まるごとまちごとハザードマップ」の取組みとして、多摩川が氾濫した場合に、想定される浸水深を「まちなか」の電柱に表示することにより、市民の皆さんが日頃から水害リスクを把握し、水防災への意識を高めるとともに浸水深の知識を深めることを目的とし、想定浸水深を示した表示板を多摩川洪水浸水想定区域内の電柱に設置しました。

表示板に表示している想定浸水深は、平成28年度に国土交通省京浜河川事務所が公表した「多摩川洪水浸水想定区域図(想定最大規模降雨)」をもとに、多摩川の洪水による表示板設置場所の浸水の深さを示したものです。なお、表示されている想定浸水深は、道路面からの深さとなっています。

また、赤テープが貼ってある電柱は、赤テープの高さまで浸水する可能性があることを示していますが、高さについては若干の誤差がありますのでご了承ください。

外部リンク

「浸水深と避難行動について」(国土交通省ホームページ「川の防災情報」)(外部リンク)

「東京都防災アプリについて」(東京都防災ホームページ)(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。