年末調整及び確定申告に関する国民健康保険税納付額の確認

2021年11月9日 更新

年末調整及び確定申告に関する国民健康保険税納付額の確認

その年の1月から12月までに納付された国民健康保険税は、年末調整及び確定申告の際に社会保険料控除として申告することができます。
納付額については、お手元の領収書や、口座振替の方は通帳等でご確認いただき、合計金額を計算して申告用紙に記載してください。

申告の対象となるのは1月1日から12月31日までに納付した額です。
年度(4月1日から翌年3月31日まで)ではありませんので、ご注意ください。
なお、年末調整時点では未納でも、その後12月31日までに納付を予定している額については、予定額として納付済額と合算して計上することができますが、実際に12月31日までに納付されなかった場合は、確定申告等で修正する必要が生じますのでご注意ください。

年末調整及び確定申告をされる際に、原則、国民健康保険税の支払い証明書等の添付は必要ありません。
申告に必要な金額を確認するため、ご自身で、お手元の領収書等を保管しておきましょう。領収書を紛失された方や勤務先等から支払い証明の提出を求められた方は、納税課にお問い合わせください。

申告できる方は、実際にお支払いをされた方のみになります。
実際に支払いをされたのが納税義務者ではなく、同一世帯の配偶者や子、別世帯の親族等が支払いを負担されている場合は、その支払いをされた方が申告します。
また、2人以上の方がそれぞれ応分で負担している場合は、世帯で納付している金額を上限として、それぞれ申告することができますが、年金から天引きの場合はできません。

保険税が特別徴収(年金からの天引き)となっている場合、申告できる方は納付義務者の方に限ります。

注意事項

  1. 保険税が特別徴収(年金からの天引き)となっている場合は、納付義務者以外の方が申告することはできないことから、加入者個人ごとの納付金額をお知らせすることはしておりません。
  2. 納付額のお問い合わせにお応えできるのは、世帯主及び同一世帯の方に限ります。
    勤務先や同一世帯でない方からの問い合わせ、税理士事務所等からの照会には対応しておりませんので、ご了承ください。
  3. 過誤納により、還付や充当が生じた場合の申告方法については、税務署等、申告書の提出先にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 納税課
電話番号:042-481-7214~20
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。