令和3年度 第4回雑木林ボランティア講座の活動

2021年11月20日 登録

雑木林ボランティア講座は、調布に今も残る里山の風景や雑木林を市民と市が協働で保全していくためのボランティア養成講座です。雑木林や市内の雑木林の維持管理に役立つ知識や技能を習得します。

今回は令和3年11月13日(土曜日)に深大寺自然広場(かに山)で行われた、第4回雑木林の生態系(生き物・むし編)の様子を報告します。

雑木林の生態系を座学で学ぶ

午前の部では、佐須ふれあいの家にて、雑木林の生態系(食物連鎖)について学びました。

雑木林の中では「植物(生産者)→草食動物・昆虫類(一次消費者)→肉食動物・タヌキなど(高次消費者)→糞・落ち葉等→土壌生物・菌類(分解者)→植物」食物連鎖があり、どれも必要不可欠であるとの話しがありました。

また、雑木林内でのハビタット(木の空隙)やビオトープ(生物の生息空間)の違いについて説明がありました。

講義の様子雑木林の生態系の説明中の様子

実習

午後の部では、深大寺自然広場(かに山)にて、実際にどんな生物がいるか、みんなで探し観察会も行ないました。

樹木の下に白いガーゼなどを置いて上部の葉っぱを軽く叩くと必ず生き物を確認することができるとのことです、みなさんも色々なところで試してください。ただし、毒を持った生き物もいるのでむやみに素手で触らないことも重要です。

カニ山散策の様子カニ山散策中の様子

講師が見つけた生き物を観察しています。

昆虫を確認している様子昆虫探しをしている様子

蜘蛛の巣や葉っぱの裏に生息している生き物を観察中

昆虫観察中の様子昆虫観察している様子

カニ山でボランティア活動をしている方々の見学をさせていただきました。昨年のこの講座の受講者も活動されていました。

カニ山の会活動観察の様子ボランティア団体の活動を観察の様子

樹木の樹名板の裏にヤモリやいることも。

樹木に隠れている生き物観察樹木に隠れた昆虫を確認している様子

広場で(振り返りの感想)を発表、最後に講師へのお礼も忘れません。

講師の総評の様子講師へお礼の様子

みなさま大変お疲れ様でした。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。