空き家等対策の事業「研究レポート」

2021年1月12日 登録

調布市は、空き家等対策にも掲げる「予防」の観点から、「良質な資源を救う(予防)」という観点で管理不全の空き家発生の抑制に取り組みます。

調布市空き家実態把握調査

調布市では、市内の空き家の所在やその状態等を把握するため、平成27年度調布市空家実態調査を行うとともに、平成28年度調布市空家所有者意向調査を行いました。

空き家流通促進モデル構築事業

調布市は、地域のインフラを担う多摩信用金庫及び京王電鉄株式会社と連携し、市場で埋没傾向にある空き家を予防の観点から市場流通に戻す試みを行いました。

調布市空き家エリアリノベーション事業

調布市は、市における役割と活用を模索・検討しながら、まちづくりプロデューサーと連携し、空き家を「地域で共有する課題」にすることの定着を目指しています。

空き家予備軍アプローチ手法構築プロジェクト

調布市は、ミサワホーム株式会社及び株式会社ミサワホーム総合研究所と連携し、築15年以上経過した物件の単身世帯や2人世帯等(空き家予備軍)へのアンケートやワークショップ開催を通じた意向調査と分析結果に基づき、住まいの傾向と分析及び効果的なアプローチ手法の構築を目指しています。

このページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 住宅課 空き家施策担当
電話番号:042-481-7817
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。