都市計画税の特例税率期間延長

2021年1月20日 登録

都市計画税の特例税率期間延長

令和2年第4回調布市議会定例会にて、調布市都市計画税賦課徴収条例の一部改正案が可決されました。平成30年度から令和2年度まで0.24パーセントとしていた都市計画税の特例税率について、令和3年度以降3か年の都市計画事業に要する対象事業費等を踏まえ、0.24パーセントのまま据置き、令和3年度から令和5年度まで特例税率の期間を延長します。

都市計画税特例税率の適用期間
適用期間 特例税率
平成6年度から平成29年度まで 0.25パーセント
平成30年度から令和5年度まで 0.24パーセント

都市計画税とは

都市計画税は、都市計画道路(道路・公園整備など)や土地区画整理事業に要する費用に充てるために目的税として課税される税です。課税の対象となる資産は、市街化区域内に所在する土地および家屋です。なお、都市計画税の税率については、地方税法により0.3パーセントを超えない範囲で各市町村の条例で定めることとしています。

このページに関するお問い合わせ

市民部 資産税課
電話番号:042-481-7205~9
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。