たづくり12階展望ロビーからダイヤモンド富士を観測

2021年2月8日 登録

富士山と光り輝く太陽が織りなす自然の芸術

「ダイヤモンド富士」とは、太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に見られることがある、太陽と富士山頂が重なり合い、ダイヤモンドが光り輝くような光景のことです。富士山と光り輝く太陽が織りなす光景は、まさに自然の芸術です。

ダイヤモンド富士は、いつどこでも見られるわけでなく、富士山頂から西側の南北35度以内の範囲では日の出の時(昇るダイヤモンド)、東側の南北35度以内の範囲では日没時(沈むダイヤモンド)に年2回見ることができます。
文化会館たづくり展望ロビーでは、冬至から前後40日ぐらいに、気象などの条件がそろった時にだけ見ることができます。

富士山に日の入りする太陽の写真

日没の写真

写真は1月29日の午後5時前頃、文化会館たづくり12階展望ロビーから撮影した写真です。太陽と富士山の山頂が重なり合うには少し早かったようです。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。