新型コロナウイルスワクチン接種の準備状況

2021年4月5日 更新

新型コロナウイルスワクチン接種について

接種が受けられる時期

ワクチンが供給できるようになった時には、接種順位に従って接種を始められるよう準備を進めています。医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。なお、住民接種分の第1弾として、令和3年4月12日の週に約975人分のワクチンが到着し、まずは75歳以上の高齢者から4月下旬より接種を開始します。

接種回数

現在、国が確保を見込んでいるワクチンについては、2回接種となります。

周知方法

接種券等を送付(郵送)、ワクチン接種に関する広報誌等を全戸配布予定です。

接種の対象や、受ける際の接種順位

国は、全国民分のワクチンの数量の確保を目指しています。ワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。
現時点で調布市では、次のような順でワクチン接種を受けていただく予定です。

  1. 医療従事者等
  2. 75歳以上の高齢者(昭和22年4月1日以前に生まれた方)
  3. 65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  4. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  5. それ以外の方

接種が受けられる場所

原則、居住地(住民票所在地)の市町村で接種します。
ワクチン接種は、医療機関又は市が設ける特設会場いずれでも実施ができます。
なお、次のような事情のある方は、住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後案内します。

  • 入院・入所中のため住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
  • 基礎疾患があり、その治療をしている医療機関でワクチン接種を受ける方
  • お住まいが住所地と異なる方

接種日の予約

ワクチンの接種を受けるに当たっては、予約が必要です。市が設ける特設会場の予約は、Webや電話などでの受付を予定しています。詳細が決まり次第、ご案内する予定です。
(注)第1弾(令和3年4月12日の週に到着分)については、市コールセンターのみで予約を受け付けます。

接種を受ける際の費用

接種費用は無料です。

接種を受ける際の同意

一般的に予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

調布市における高齢者向け接種の概要

高齢者に対する接種は、地域の医療機関にて接種する個別接種、市が特設会場を設置し大人数に対して接種を行う集団接種、高齢者施設に入所する方に対して施設の協力医・嘱託医およびかかりつけ往診医等により施設にて接種を行う施設接種の3本柱にて実施を予定しています。
(注)第1弾(令和3年4月12日の週に到着分)については、市が調布駅前広場に設置するプレハブ(調布駅前広場診療所)で接種をしていただきます。

個別接種

  • 調布市医師会の御協力のもと、市内医療機関等にて(個別接種)の実施が可能
  • 約90の医療機関にて概ね週3,000回程度接種可能
  • 既往歴や健康状態をよく知る「かかりつけ医」にて接種可能となり安全・安心な接種体制

集団接種

  • 調布駅前広場に設置を予定しているプレハブを基軸として実施
  • プレハブでは、毎日接種を行い、週当たり概ね3,000回程度接種
  • 地域バランス及び接種状況を踏まえ保健センター・地域福祉センター・小学校等の臨時使用を検討

高齢者施設等での接種

  • 施設の協力医・嘱託医等により施設にて接種
  • 嘱託医等による接種が困難な場合は接種実施医療機関を調整
    (注)ワクチンの小分け管理については、国の動向を注視するとともに、引き続き検討
    (注)掲載内容は、令和3年2月19日時点の情報であり、今後変更になる可能性があります。

調布市における集団接種方法

高齢者向け接種の際は、わかりやすい場所で、安全にお越しいただくことができる場所が必須です。
また、安全・安心にワクチン接種していただくことができるよう広いスペースにて接種する必要があります。

調布駅前広場にプレハブを設置し集団接種を実施

  • 概ね500平方メートルから600平方メートルのプレハブを設置
  • 1日あたり概ね430人、週あたり3,000回程度接種予定
  • 午前3時間、午後3時間、月曜日から日曜日まで毎日接種
  • 人員体制を含む接種方法等については、引き続き調布市医師会・薬剤師会等と協議

調布駅前広場プレハブにおける接種イメージ

高齢者(被接種者)が、受付、予診、接種、待機(副反応確認)をするにあたり、各スペース(ブース)へ動くのではなく、その場で接種から副反応確認まで可能となるように実施することで、安全・安心な接種体制を構築することはもとより、効率的な接種が可能となる。

国が示す会場イメージの画像

cyoufu

  • 被接種者(高齢者)に動いていただくことなく、接種する医師に動いていただく方式とする
  • 予診や接種を担当する以外の医師(フリーの医師)を配置し手厚い体制を整備
  • 接種会場では、パーテーション等を設置し、プライバシー及び感染症等に配慮した対応を予定

(注1)の一連の動きを(注2)の位置にて行うことで、予診→接種→副反応確認の手順にかかる移動を省くことにより高齢者(被接種者)の負担を軽減し効率的な接種体制を構築することを想定

接種方法は、調布市医師会、調布市薬剤師会とワクチン接種体制について検討・協議する
「新型コロナウイルス予防接種検討会議」(概ね2週間に1度開催)にて、引き続き協議

新型コロナワクチンの情報

新型コロナワクチンの情報は、厚生労働省のホームページ(外部リンク)首相官邸ホームページ(外部リンク)などをご参照ください。

調布市新型コロナワクチンコールセンター

調布市の新型コロナウイルスワクチン接種に関する問い合わせ先として、令和3年3月5日からコールセンターを設置しました。

  • 電話番号 042-444-7707
  • 受付時間 午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日、祝日は除く)

聴覚に障害のある方は、社会福祉法人調布市社会福祉協議会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

厚生労働省は、新型コロナワクチンに関する相談窓口を設置しています。

  • 電話番号 0120-761770 (フリーダイヤル)
  • 受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日、祝日も実施)
    (注)日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 午前9時から午後9時まで
    (注)タイ語 午前9時から午後6時まで
    (注)ベトナム語 午前10時から午後7時まで

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください

新型コロナに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

新型コロナワクチン接種担当を設置

令和3年1月20日付けで福祉健康部健康推進課に新型コロナワクチン接種担当を設置しました。新型コロナワクチン接種につきまして、国の指示に基づき、東京都と調整しながら、ワクチンの供給が可能となったときに、的確かつ迅速に接種が行えるよう準備を進めています。

関連動画

このページに関するお問い合わせ

新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:042-444-7707
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。