新型コロナウイルスワクチン接種の概要

2021年6月18日 更新

  • Facebook
  • Twitter

新型コロナウイルスワクチン接種について

ワクチンの目的

新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図ることを目的としています。

接種までの流れ

  1. 市から接種券が届く
  2. 接種の予約をする
  3. 接種会場でワクチン接種

接種可能なワクチン

現在、供給されているワクチンはファイザー社製です。

接種回数

2回接種となります。

接種の対象や、受ける際の接種順位

国は、全国民分のワクチンの数量の確保を目指していますが、ワクチンは徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。
現時点で調布市では、次のような順でワクチン接種を受けていただく予定です。
(注)現在、ワクチンの供給等を踏まえ、65歳以上の方に接種券を発送しています。16歳以上65歳未満の高齢者には、6月17日に接種券を発送します。

  1. 医療従事者等
  2. 75歳以上の高齢者(昭和22年4月1日以前に生まれた方)
  3. 65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  4. 市内の高齢者施設等で従事されている方
  5. 高齢者以外で基礎疾患を有する方
  6. それ以外の方

接種が受けられる場所

原則、居住地(住民票所在地)の市町村で接種します。
ワクチン接種は、医療機関又は市が設ける特設会場いずれでも実施ができます。
なお、次のようなやむを得ない事情のある方は、住所地以外での接種をすることが可能ですが、接種前に接種する医療機関等の所在地の市区町村へ申請が必要な場合があります。

住所地(住民票所在地)以外での接種にかかる申請の有無
事前の届出が必要な者 届出を省略することができる者
出産のために里帰りしている妊産婦 入院・入所中の医療機関・施設で接種する場合
単身赴任者 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
遠隔地へ下宿している学生
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者
  • 災害による被害にあった者
  • 拘留または留置されている者、受刑者

申請方法

住民票所在地以外での接種を希望する方は、下記のいずれかの方法で申請してください。「住所外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。
住所地外接種届(152KB)(PDF文書)

郵送申請
「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「住所地発行の接種券の写し(コピー)」、「返信用封筒」を添付し、調布市新型コロナワクチン接種担当宛てに郵送してください。

窓口申請
「住所地外接種届」のほか、「住所地発行の接種券」または「住所地発行の接種券の写し(コピー)」を提出してください。

Web申請
厚生労働省のウェブサイト上で、「住所地外接種届」を提出してください。
コロナワクチンナビ(外部サイト)

接種を受ける際の費用

接種費用は無料です。

接種を受ける際の同意

一般的に予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

基礎疾患を有する方

基礎疾患を治療中の方、接種にあたり不安な方は、必ず事前にかかりつけ医に接種の可否を確認してください。
基礎疾患に該当する・しないは以下のリンクをご確認ください。

(新型コロナウイルスワクチン)優先接種対象者の基礎疾患一覧

副反応

どんなワクチンでも副反応が起こる可能性があります。
これまで認められている副反応には、注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。
もし、アナフィラキシーが起きたときには、処置後に医療機関へ救急搬送することになります。

集団接種の概要

高齢者向け接種の際は、わかりやすい場所で、安全にお越しいただくことができる場所が必須です。
また、安全・安心にワクチン接種していただくことができるよう広いスペースにて接種する必要があります。

調布駅前広場診療所(プレハブ)

  • 概ね550平方メートルのプレハブを設置
  • 1日あたり概ね250人、週あたり1,750回程度接種予定
  • 午前3時間、午後3時間、夜間2時間(日曜日は除く)、月曜日から日曜日まで毎日接種 

調布駅前広場診療所における接種イメージ

高齢者(被接種者)が、受付、予診、接種、経過観察(副反応確認)をするにあたり、各スペース(ブース)へ動くのではなく、その場で接種から副反応確認まで可能となるように実施することで、安全・安心な接種体制を構築することはもとより、効率的な接種が可能となる。

国が示す会場イメージの画像

調布市の会場イメージの画像

  • 被接種者(高齢者)に動いていただくことなく、接種する医師に動いていただく方式とする
  • 予診や接種を担当する以外の医師(フリーの医師)を配置し手厚い体制を整備
  • 接種会場では、パーテーション等を設置し、プライバシー及び感染症等に配慮した対応を予定

(注1)の一連の動きを(注2)の位置にて行うことで、予診→接種→副反応確認の手順にかかる移動を省くことにより高齢者(被接種者)の負担を軽減し効率的な接種体制を構築することを想定

文化会館たづくり

7月末までに高齢者接種を完了させるため、6月10日から7月31日まで開設します。

  • 1階むらさきホール・展示室及び2階南北ギャラリーで実施
  • 午前3時間、午後3時間、夜間2時間(日曜日は除く)、月曜日から日曜日まで毎日接種 
  • 医師が巡回する方式(調布モデル)ではなく、高齢者の方ご自身に動いていただく方式

接種の予約

ワクチンの接種を受けるに当たっては、予約が必要です。市が設ける特設会場の予約は、Webや電話などでの受付を予定しています。
集団接種会場では、1回目を接種した21日後(3週間後)の同じ曜日・同じ時間に予約をしていただきます。

接種の予約受付期間

電話での予約

  • 調布市新型コロナワクチンコールセンター
  • 0570-053-127
  • 午前9時から午後5時まで

Webでの予約

個別接種の概要

調布市医師会等の御協力のもと、市内医療機関にて個別接種の実施が可能となります。
各医療機関での個別接種を希望される方は、直接医療機関に予約してください。

接種可能な市内医療機関一覧

次のリンク先でご確認ください。

掲載されていない医療機関でも接種が可能な医療機関があります。普段からかかりつけ医として利用している医療機関がある場合は、直接かかりつけの医療機関にご確認ください。市内全体で週当たり7,000人以上の接種が可能です。

接種の予約受付開始日

65歳以上の方の予約受付は6月7日(月曜日)から
65歳未満で基礎疾患を有する方の予約受付は6月24日(木曜日)から

施設接種の概要

原則として、高齢者施設の協力医・嘱託医等により施設にて接種することとなりますが、嘱託医等による接種が困難な場合は接種可能な医療機関を調整する必要があります。
接種開始時期などが決まり次第、お知らせします

新型コロナワクチンの情報

新型コロナワクチンの情報は、厚生労働省のホームページ(外部リンク)首相官邸ホームページ(外部リンク)などをご参照ください。

調布市新型コロナワクチンコールセンター

調布市の新型コロナウイルスワクチン接種に関する問い合わせ先として、令和3年3月5日からコールセンターを設置しました。

  • 電話番号 0570-053-127
  • 受付時間 午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日、祝日は除く。ただし、集団接種実施日は開設)

聴覚に障害のある方は、社会福祉法人調布市社会福祉協議会ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

東京都新型コロナワクチン副反応相談センター

東京都は、ワクチン接種後に副反応の症状が見られる場合、医療職への相談等を行える窓口を設置しています。

  • 電話番号 03-6258-5802
  • 受付時間 24時間対応(土日祝日を含む毎日)
  • 対応言語 日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語・ビルマ語(ミャンマー語)・タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

厚生労働省は、新型コロナワクチンに関する相談窓口を設置しています。

  • 電話番号 0120-761770 (フリーダイヤル)
  • 受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日、祝日も実施)
    (注)日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 午前9時から午後9時まで
    (注)タイ語 午前9時から午後6時まで
    (注)ベトナム語 午前10時から午後7時まで

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください

新型コロナに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

関連動画

 


このページのお問い合わせ先

新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0570-053-127
ファクス番号:042-481-7284
メールアドレス:corona@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ