認知症に関する冊子「もしも 気になるようでしたらお読みください」

2021年4月8日 更新

「もしも 気なるようでしたらお読みください」をご紹介します

「もしも 気になるようでしたらお読みください」は、認知症介護研究・研修仙台センターが発行している認知症に関する啓発冊子です。

「最近もの忘れが気になる」「もしかして認知症?」

こうした違和感や不安感を覚えたご本人やご家族が、自分で病院や地域包括支援センターに行こうと思えるように、認知症という言葉をできるだけ使わない絵本のような冊子です。

この冊子には、その違和感に対処するための情報や、どこの誰に、どのように話せばよいのかの一例が書かれています。

もしも気になるようであれば、どのページからでもよいので読んでみてください。

冊子もしもの表紙 

冊子「もしも」が読める場所

高齢者支援室、市内地域包括支援センター、市内図書館 など

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7149・7150・7351
ファクス番号:042-481-4288
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。