まん延防止等重点措置の適用に伴う市長メッセージ(4月15日登録)

2021年4月15日 登録

まん延防止等重点措置が発令されました

国は、新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置について、4月12日から東京都等に対して適用することを決定しました。

これを受けて、東京都は、23区及び調布市を含む6市を実施区域に指定し、令和3年4月12日(月曜日)午前0時から5月11日(火曜日)午後12時までの期間、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための人流の抑制を最優先に、まん延防止等重点措置を実施することを決定しました。

市では、国及び東京都の方針や措置等を的確に踏まえるとともに、市内における感染拡大の状況や医療提供体制の厳しい状況を的確に把握し、引き続き、感染防止対策の徹底を基本に適切な対応に努めるため、まん延防止等重点措置の実施に伴う市の対応方針を定めました。

これに伴う市長メッセージです。

市長メッセージ

市民及び事業者の皆様、並びに、医療・福祉の最前線でご尽力いただいている皆様には、それぞれの立場において、既に1年以上にわたり新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力いただき心より感謝申し上げます。

さて、3月21日の2度目の緊急事態宣言解除後も、都内では、新規感染者の増加傾向が続くとともに、変異ウイルスによる感染者が増加し、今後の急速な感染拡大が強く懸念されています。
こうした状況を踏まえ、国は、東京都から要請のあった新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の適用を決定しました。

これを受けて、東京都は、23区及び調布市を含む6市を実施区域に指定し、令和3年4月12日から5月11日までの期間、まん延防止等重点措置を実施することを決定しました。

市としては、国及び東京都の方針や措置、市内における感染状況や医療提供体制の状況などを踏まえて市の対応方針を定め、感染防止対策の徹底を基本に、公共施設の使用制限やイベント等の開催制限など適切に対応して参ります。

市においては、公共施設について、夜間区分の新規予約を休止するとともに、午後8時までの利用を呼び掛けて参ります。

また、市民及び事業者の皆様には、長きにわたるコロナ禍において、さらなるご負担をおかけいたしますが、日中を含め不要不急の外出・移動を自粛することで人流の抑制に努めていただくとともに、引き続き、感染拡大防止に向けて、一人ひとりが適切に行動していただきますよう、重ねてご理解とご協力をお願い申し上げます。

他方、新型コロナウイルスワクチンの接種について、市は、4月12日、75歳以上の方を対象に第1弾の予約受付を開始しました。

今回の第1弾は、国から供給されるワクチンが他自治体と同様に少量であったことから、市民の皆様に安心して、少しでも早く、確実にワクチン接種をしていただけるよう、お問合せにも対応できるコールセンターによる電話受付とさせていただきました。

当日は申込が集中し、接種を希望された方々には大変なご不便、ご負担をおかけする結果となりました。このことを真摯に受け止め、引き続き、国のワクチン供給等に関する動向を注視しながら、電話回線の増設やオンラインでの受付など、予約方法の改善を図って参ります。

なお、国は、現時点で6月末までに65歳以上の高齢者向け接種に必要なワクチン量を確保するとしています。市としても、調布市医師会及び薬剤師会等との連携のもと、今後のワクチン供給に合わせて、接種を円滑に行えるよう、準備を進めています。併せて、接種後の副反応などにも留意し、安全・安心につながる取組や支援策など、最善を尽くして参ります。

今後も、市報や市ホームページ等を活用し、分かりやすい情報発信に取り組んで参りますので、市民の皆様には、もう暫くの間お待ちいただきますようお願いいたします。

令和3年4月15日 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策担当
電話番号:042-481-7233
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。