生活ひとくちメモ「アポイントメントセールスのトラブルに注意」

2021年5月5日 登録

アポイントメントセールスのトラブルに注意

事例

イベント告知アプリで知った無料の副業セミナーに参加した。講師と連絡先を交換したら、後日SNSに会おうと連絡がきた。カフェで会うと「副業のサポートをしているので、一緒にがんばろう」と勧誘され、転売ビジネスのノウハウを教えてもらう契約を50万円でしたが、高額なのでやめたい。

トラブルにあわないために

事業者が消費者に勧誘の目的を告げずにカフェや店舗等に呼び出し、「あなただけ特別」、「安くする」などと勧誘をして契約をさせる手口をアポイントメントセールスといいます。
最近ではSNSやセミナーで知り合った人に後日会おうと誘われて、副業や儲け話に関する情報商材やビジネス講座などの勧誘をされるケースが増えています。実際にやってみたが儲からないといったトラブルも寄せられています。SNS上では悪質業者が友達を装って近づいてきたり、事例のような無料セミナーが勧誘目的で行われている場合もあります。呼び出されて勧誘をされても、必要がなければはっきり断るようにしましょう。
アポイントメントセールスで契約をしてしまった場合は、契約書を受け取ってから8日間はクーリング・オフが可能です。また、事業者の説明に嘘があった場合などは契約の取り消しが主張できる可能性があります。消費生活センターにご相談ください。

(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ令和3年5月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。