橋りょう長寿命化修繕計画を改定

2021年5月31日 登録

橋りょう長寿命化修繕計画改定

市では、橋りょうの安全を持続的に確保するとともに、計画的な維持管理により維持管理費の削減や平準化を目的とし、平成24年度に「調布市橋りょう長寿命化修繕計画」を策定しました。

その後、笹子トンネル天井板崩落事故をきっかけとした、平成25年度の道路法一部改正、平成26年度の「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言(国土交通省)」が示されました。

このことを受け、橋りょうやトンネルといった道路を構成する重要な施設は、5年に一度の頻度で近接目視による点検が義務付けられ、市では平成26年度から平成29年度にかけて市内76橋の近接目視点検(以下「定期点検」という。)の1巡目を実施しました。

その後、市では平成28年度に「調布市公共施設等総合管理計画」を策定し、市で管理する様々な公共施設の管理計画を定めました。この「総合管理計画」において、本計画は橋りょうに関する個別計画として位置付けられるなど、公共施設の維持管理を取り巻く社会情勢は大きく変化し、その変化に対応するために定期点検結果等を踏まえ、本計画の見直しを行いました。

詳細につきましては下記ダウンロードフォームからご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 道路管理課
電話番号:042-481-7409
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。