(新型コロナウイルスワクチン)12歳から15歳までの方の接種に関する注意点

2021年7月21日 登録

令和3年7月19日(月曜日)に発送した、12歳から15歳の方の新型コロナワクチン接種券等について、同封した「予診票」を使用する際の注意点を補足いたします。

対象の方に、注意点を補足した「予診票」、「予診票(記入例)」、「新型ワクチン予防接種についての説明書」を発送します。
なお、予診票は配布済みのものもお使いいただけますが、必ず保護者の方が署名欄に自署してください。

対象者

平成18年4月2日以後から平成21年9月1日以前に生まれた方

12歳から15歳の方の接種の際の注意

  • 予診票の署名欄に、保護者の署名が必要です。予診票に保護者の署名がなければ接種を受けることはできません
  • 予診票の電話番号記載欄には、緊急連絡先を記入してください。
  • 接種の対象は、接種日当日に満12歳以上の方です。
  • 原則、保護者の同伴が必要です。
    (注)ただし、中学生以上で、保護者が署名をした予診票を当日持参した場合、保護者の同伴は不要

画像を選択すると、より大きな画像でご覧いただけます。
予診票の記入例の画像

予診票の記入例(462KB)(jpg)

このページに関するお問い合わせ

新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0570-053-127
ファクス番号:042-481-7284
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。