東京2020パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバルが開催される

2021年8月27日 登録

東京2020パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバルが開催されました

東京2020パラリンピック聖火リレーでは、全国各地において、共生社会への思いが込められた火の独自手法による「採火」、学校や病院、パラリンピックゆかりの地などへの炎の訪問イベントである「聖火ビジット」、各道府県から採火した火を開催都市である東京へ送り出す「出立」などが開催され、これらの総称を「聖火フェスティバル」と呼びます。

調布市においては、8月20日(金曜日)に開催された東京都の聖火フェスティバルに参画しました。

聖火フェスティバルの概要

調布市では、深大寺の護摩祈願の火から採火し、採火した火を都内集火式へ持ち込みました。集火式では、都内全62市区町村の火がひとつとなり、東京2020パラリンピック聖火「東京都の火」が生まれました。
その後、東京都の火を市に持ち帰り、調布市文化会館たづくりと市内障害児・者施設等で聖火ビジットを実施しました。
東京都の火は、20時から開催された全国集火式で、46道府県の火及びパラリンピック発祥の地であるイギリスのストーク・マンデビルで採火された火と統合され、東京2020パラリンピック聖火が誕生しました。

深大寺での採火の様子

深大寺の護摩祈願の火からロウソクでカイロに火を移し、採火しました。

 護摩祈願を実施する場所の写真護摩祈願の写真

護摩を焚いている写真護摩祈願の火から採火している写真

護摩祈願から採火した火を運んでいる様子採火された火が入っているカイロの写真

都内集火式の様子

都内集火式は、都庁 都民広場で実施されました。集火式では、全62市区町村で採火された火を、一旦「特別区の火」、「市の火」、「町村の火」の3つにまとめ、それぞれを集火台へ点火し、ひとつの「東京都の火」が完成しました。

集火台へ点火している写真都内集火式の写真

聖火ビジットの様子

市では、調布市文化会館たづくりと障害児・者施設等で聖火ビジットを実施しました。

(注)新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、一般公開は調布市文化会館たづくりのみで実施しました。

聖火ビジット 実施場所(合計18ヶ所)

  • 調布市文化会館たづくり 1階エントランスステージ
  • 調布市総合福祉センター
  • 調布市希望の家
  • 希望の家深大寺
  • 市民プラザあくろす 市民活動支援センター
  • 調布市こころの健康支援センター
  • 調布市知的障害者援護施設なごみ
  • 調布市知的障害者援護施設そよかぜ
  • ちょうふだぞう
  • しごと場大好き
  • ドリームボックス下石原
  • ファーストステップ
  • めじろ作業所
  • わかば第一事業所
  • 爽々苑
  • にこにこキッズルーム
  • ふくふく
  • ぴいす

調布市文化会館たづくり 1階エントランスステージ の様子

文化会館たづくりでの聖火ビジットの写真ランタンの写真

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7447
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。