調布市新型コロナ自宅療養者支援センター

2022年4月1日 更新

  • Facebook
  • Twitter

市では、新型コロナウイルス感染症と診断され自宅療養をされている方の不安を軽減し、安全・安心な療養生活を過ごしていただけるよう、「調布市新型コロナ自宅療養者支援センター」を設置しました。

対象者

  • 新型コロナウイルス感染症と診断され、自宅療養中の市内在住者
  • 新型コロナウイルス感染症と診断され、入院や宿泊療養の調整で自宅待機中の市内在住者

支援内容

ご家族やご友人等からの支援や、うちさぽ東京の利用、インターネットや電話を利用してご自身での用意が難しい場合は、食料品等をお届けします。(原則、お一人1回限り)

食料品等の支援

3日分の保存可能な食料品(内容は成人向けとなっています)、経口補水液、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マスク、燃やせるごみ指定収集袋などのセット。
上記のセットのほか、希望により、粉ミルク、紙おむつ(大人・子ども用)・生理用品の生活用品。
(注)段ボール箱(縦335、横395、高さ270ミリメートル)に梱包してお届けします
(注)現在、紙おむつ・生理用品のみの配送は行っておりません

パルスオキシメーターの貸与

パルスオキシメーター(血中酸素飽和度(SpO2)を測定する医療機器)を貸出します。貸出しは1世帯につき1台までとなり、保健所、自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)、医療機関等から貸与されている方を除きます。

  1. 市内の医療機関で検査を受けた方
    検査を受けた医療機関にご連絡ください。調布市医師会からレターパックで配送します。
  2. 市外の医療機関で検査を受けた方
    調布市新型コロナ自宅療養者支援センターにお申込みください(ページ下部参照)。

(注)使用方法、返却方法は、パルスオキシメーターに同封する案内文でお知らせします。

自宅療養に伴う心配事等の相談

生活上のお困りごとをお伺いします。
感染拡大期には、東京都から提供される自宅療養者等の個人情報に基づき、調布市新型コロナ自宅療養者支援センターから電話をおかけし、健康状態の確認やサービスの紹介、生活相談を行います。
(注)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第44条の3第6項に基づく。

配送方法

原則として、申し込み日の翌開庁日までに玄関等に配達します。配達時に電話で健康状態等の確認を行います。なお、ファクスまたはEメールでの申し込みの場合は、センターからのご連絡日を申し込み日とさせていただきます。現在、お申込みからお届けまでにお時間をいただいています。
(注)配送先は市内に限ります。

申し込みの際にお知らせいただく内容

  1. 氏名
  2. 住所(お届け先、建物名がある場合は明記)
  3. 電話番号(日中連絡が取れる携帯電話番号など)
  4. 検査した医療機関
  5. 判定日
  6. 療養予定期間
  7. 同居家族の有無と人数
  8. 自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)等からの支援申請の有無
  9. 希望する支援品の内容
    「食料品セット」、希望する生活用品(「粉ミルク」、「紙おむつ(大人用または子ども用)」、「生理用品」)、「パルスオキシメーター」

(注)ファクスまたはEメールでの申し込みをご希望の方は、上記の事項を必ず記入のうえ、次の連絡先に送信してください。申込み受付後、電話で詳細をお伺いします。ご連絡までお時間を要する場合がありますので、ご了承ください。
聴覚等に障害のある方については、ファクスまたはEメールで詳細をお伺いしますので、障害があることをご記入ください。

申込み先

調布市新型コロナ自宅療養者支援センター(福祉健康部健康推進課内)

電話番号 042-441-6100
(注)電話受付時間
月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで(祝日・年末年始を除く)
ファクス番号 042-441-6101
Eメールアドレス kenkou@w2.city.chofu.tokyo.jp


このページのお問い合わせ先

福祉健康部 健康推進課

電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
メールアドレス:kenkou@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ