保険金で住宅修理ができると勧誘する事業者に注意(消費者庁)

2021年9月8日 登録

申請サポートを受ける前に、損害保険会社に連絡を

保険金の請求は、加入者ご自身で!!

「火災保険を使って自己負担なく住宅の修理ができる」や「保険金が出るようサポートする」など、「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスに関する相談が急増しています。2020年度の相談件数は2019年度の2倍以上となり、2021年度も前年同期を上回る相談が寄せられています(図)。災害で被害を受けた直後でなくとも、過去の災害で被害のあった地域に勧誘を行うケースもみられ、注意が必要です。
そこで、トラブル防止のため、消費者への注意喚起を行います。

アドバイス

  1. 請求期限が迫っている等の勧誘やインターネット広告をうのみにせず、安易に契約しないようにしましょう
  2. 申請サポート会社に頼らずとも、保険金の請求は加入者自身で行えます
  3. うその理由で保険金を請求することは絶対にやめましょう
  4. 不安に思った場合やトラブルになった場合は早めに消費生活センター等に相談しましょう

詳しくは「ダウンロード」のPDF文書をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。