調布市応援アスリート 山崎悠麻選手の東京2020パラリンピック競技大会報告会を実施

2021年9月28日 登録

東京2020パラリンピック競技大会報告会を実施

9月22日に、東京2020パラリンピック競技大会に出場した調布市応援アスリートの山崎悠麻選手(バドミントン)の大会報告会を実施しました。

山崎選手は、東京2020パラリンピック競技大会のバドミントンの女子ダブルスと女子シングルスに出場し、女子ダブルスでは金メダル・女子シングルスでは銅メダルを獲得しました。

報告会で山崎選手は、「今回の大会では、女子ダブルスで金メダル、シングルスではメダル獲得を目標にしていました。東京2020大会の1年延期もあり、モチベーションを保つのは難しいと感じましたが、調布市応援アスリートということで、調布市から応援のYouTubeを作っていただいたり、メッセージの冊子をいただいたりして、気持ちがつらい時にそれを見てすごく励まされ頑張ることができました。そのような中で、ダブルスで金メダル、シングルスで銅メダルを獲得することができ、自信にもなり、とても楽しいパラリンピックになりました。次のフランスでのパリ大会も頑張っていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。」と話しました。

山崎選手が大会報告している様子

市長からは、山崎選手に対して「改めて、おめでとうございます。これだけの最上の成績を伴うには、大変な努力があったかと思います。私共も自分のことのように全員が手に汗握って応援していました。これからの活躍も期待しております。」と話しました。

市長が山崎選手にお話ししている様子

その後、優秀な成績を収め、市民に大きな感動を与えてくれたことを称え、市長から山崎選手に調布市民スポーツ栄誉賞と花束・記念品等が贈られました。

調布市民スポーツ栄誉賞を市長から山崎選手にお渡しする様子市長から山崎選手に花束をお渡しする様子

山崎選手からは、応援への感謝のほか、選手村での生活で感じたことやパリ大会への意気込みなどをお話しいただきました。

山崎選手が大会時ことをお話ししている様子市長が質問している様子

山崎選手がお話ししている様子山崎選手・市長・両副市長・議長・副議長との集合写真

金メダルと銅メダルを持った山崎選手

今後も調布市は引き続き山崎選手を応援していきます。

調布市民スポーツ栄誉賞とは

調布市民スポーツ栄誉賞とは、オリンピック・パラリンピックに出場し、第3位までに入賞した市民等に授与する賞です。過去には、アテネオリンピック シンクロナイズドスイミング競技で銀メダルを獲得した藤丸真世さんが受賞しています。

関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ令和3年10月10日号)「パラリンピック バドミントンメダリスト 山崎悠麻選手 大会出場報告」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7447
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。