(環境省)「サステナブルで健康な食生活の提案」

2021年9月30日 登録

サステナブルで健康な食生活の提案内容

「サステナブルで健康な食生活の提案」(令和3年8月30日公表)

2050年カーボンニュートラルの実現にはライフスタイルをサステナブル(持続可能(sustainable))なものに変えていくことが不可欠です。食料自給率がカロリーベースで約4割となっており、残りの約6割を輸入に頼っている日本は、食料の輸入に起因して海外の水環境や温室効果ガス排出に影響を与えていると言われています。

環境省では、食と環境が密接に関係しており、国内外で食のサステナビリティに関する関心が高まっていること等を踏まえて、「サステナブルで健康な食生活の提案」を発表しました。

提案のポイントは以下の7つです。

  1. 食の地産地消・旬産旬消で美味しさや季節感を楽しみましょう!
  2. 有機(オーガニック)食品などを生活の中に取り入れてみましょう!
  3. それぞれの生活にあった形で食の自産自消を楽しみましょう!
  4. シカ肉やイノシシ肉などのジビエを食生活に取り入れてみましょう!
  5. それぞれのスタイルで生活の中に菜食を取り入れるという選択肢もあります!
  6. 食品ロスを減らすよう心がけましょう!
  7. 食を通じてカーボンニュートラル やサーキュラーエコノミーの実現、生物多様性の保全等に貢献する取組も広がっています!一人一人がこうした取組に関心を持ち、後押ししましょう!

詳細・お問い合わせは、外部リンクの環境省サイトをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。