(9月30日発表)秋の特別展「武者小路実篤と映画」

2021年9月30日 登録

武者小路実篤と映画

展示概要

実篤の文学作品が元となった映画は9作品。「結婚悲劇」「ある父」「その妹」「世界を賭ける恋」「いのちの朝」「愛と死」、尾崎紅葉の代表作を実篤が戯曲化した「金色夜叉」、第二次世界大戦中と戦後の2度にわたり制作された「幸福な家族」です。本展覧会では、当時のポスターやチラシ、台本などの資料をとおして、それぞれのストーリーを紹介するとともに原作との違いを探ります。

(注)会期中に展示替えがございます。前半が11月13日(土曜日)まで、後半は11月14日(日曜日)からです。

本展の見どころ

様々な映画資料を一挙公開

ポスターや台本をはじめ、プレスシート、ロビーカード、チラシやチケットの半券まで、実篤原作映画を表す様々な資料をご覧にいれます。

原作との比較

文学作品の発表後すぐに映画化される作品もあれば、最も長いもので半世紀のタイムラグがありました。原作と映画を比較し、共通点・相違点を探ります。

実篤周辺の映画人を紹介

脚本家の小国英雄と柳井隆雄、俳優の日守新一、監督の東坊城恭長、時代考証という専門分野から映画を支えた木村荘八ら、実篤と親しい間柄だった映画人を紹介します。

展示解説

解説

佐藤 杏(展覧会担当学芸員)

日時

令和3年10月29日(金曜日)・11月27日(土曜日) 午後1時30分から45分間程度

参加費・申込

不要。時間までに展示室へお集まりください。

注意事項

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容が変更される場合がございます。
最新の情報は当館ホームページやツイッターをご覧いただくか、お電話でお問い合わせください。

主な展示資料

「愛と死」台本の画像
「愛と死」台本 1971年・松竹 当館蔵

「愛と死」原稿の画像
「愛と死」原稿(映画「世界を賭ける恋」「愛と死」の原作) 1939年・武者小路実篤 当館蔵

「幸福な家族」ポスター
「幸福な家族」ポスター 1959年・松竹 当館蔵

「世界を賭ける恋」ポスター
「世界を賭ける恋」ポスター 1959年・日活 当館蔵

問い合わせ先

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

住所 〒182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
電話 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330
Eメール kinenkan@mushakoji.org
ホームページ https://www.mushakoji.org

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。