FC東京の選手による小学校オンライン授業

2021年11月19日 登録

令和3年11月9日(火曜日)にFC東京の選手たちが市内の小学校の子どもたちと交流しました。

この事業は、FC東京選手会の「ホームタウンの地域にある小学校の子どもたちと触れ合うことで、プロスポーツ選手として夢や感動を与えたい」という想いから、平成20年から毎年行われており、今年度で14回目を迎えます。

今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、オンラインにて交流しました。

上ノ原小学校

上ノ原小学校に内田選手・蓮川選手がオンライン訪問されました。

両選手から、「プロサッカー選手を目指したきっかけ」「夢」「小学校時代のエピソード」についてお話があり、夢を持つ子ども、これから夢を見つける子どもたちにとって貴重なお話を聞くことができました。

その後は子どもたちからの質問があり、「プロサッカー選手になって良かったこと」「サッカーの魅力とは」「チーム内に尊敬する選手はいるか」「夢を実現するために様々なことを犠牲にする覚悟」など、多くの質問が寄せられ、選手たちの回答に真剣に耳を傾ける姿が見られました。 

子どもたちに話をしている写真選手に質問するために手を挙げている写真

 

子どもが選手に質問している写真選手から子供たちに話かけている写真

約1時間と短い時間ではありましたが、選手たちからの「夢」のお話は、子どもたちの今後の人生において、大変貴重な経験となりとても良いアドバイスをいただきました。また、憧れの選手たちとオンラインでの交流を通じて子どもたちの嬉しそうな表情を見ることができました。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 指導室
電話番号:042-481-7479から7482・7585
ファクス番号:042-481-7785
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。