令和4年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げ

2021年12月9日 登録

成年年齢が引き下げられます

民法改正により、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

成年年齢になると、親の同意がなくても自分で契約できるようになります。

新成人となる日

現在未成年の方が新成人となる日は、下記のとおりです。

新成人となる生年月日
生年月日 新成人となる日 成年年齢
2002年(平成14年)4月1日以前生まれ 20歳の誕生日 20歳
2002年(平成14年)4月2日生まれから
2003年(平成15年)4月1日生まれ
2022年(令和4年)4月1日 19歳
2003年(平成15年)4月2日生まれから
2004年(平成16年)4月1日生まれ
2022年(令和4年)4月1日 18歳
2004年(平成16年)4月1日以降生まれ 18歳の誕生日 18歳

成年年齢の引き下げで変わること・変わらないこと

成年年齢の引き下げで変わること・変わらないこと
18歳(成年)になったらできること 20歳にならないとできないこと
(これまでと変わらないこと)
  • 親の同意がなくても契約できる(携帯電話の契約、ローンを組む、クレジットカードをつくる、一人暮らしの部屋を借りる など)
  • 10年有効のパスポートを取得する
  • 結婚(男女ともに18歳に) など
  • 飲酒をする
  • 喫煙をする
  • 競馬・競輪をする など

成年年齢の引き下げにより、どのような問題があるの?

成年に達すると、親の同意がなくても自分で契約ができるようになります。

民法では、未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には、「未成年者取消権」によって、その契約を取り消すことができます。これは、未成年者を保護するためのものであり、未成年者の消費者被害を抑制する役割を果たしています。

成年年齢が引き下げられると、18歳からこの「未成年者取消権」が行使できなくなります。契約の知識や経験が少ないため、保護がなくなったばかりの成年を狙う悪質な業者もいます。

消費者被害に遭わないためには、契約に関する知識を学び、様々なルールを知った上で、その契約が必要か検討する力を身につけておくことが重要です。

お困りのときは、消費生活センターへご相談ください

調布市消費生活センターは、市役所3階にあり、専門の相談員が市民の皆さんからの相談を日々受け付けています。少しでも不審に思ったり、トラブルに遭ったと感じたら、一人で悩まず、消費生活センターへご相談ください。

調布市消費生活センター 電話相談 042-481-7034

消費者庁 LINE公式アカウント

消費者庁では、若者向きLINE公式アカウント「消費者庁 若者ナビ!」(外部リンク)を開設しています。

若者に発生しやすい消費者トラブルの情報を発信しています。お友達登録をお願いいたします。消費者庁若者ナビQRコード

添付ファイル

関連情報

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。