令和5年調布市二十歳のつどいが開催される

2023年1月30日 更新

令和5年調布市二十歳のつどい

調布市では、平成14年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた2,301人が新たに二十歳を迎えられ、調布市グリーンホール大ホールにて令和5年1月9日(月曜日・祝日)に開催された令和5年調布市二十歳のつどいには、1,272人の方(市外の方を含む)が出席されました。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2回に分けて(内容同一、入替制)二十歳のつどいを開催しました。

第1回は、調布中学校、神代中学校、第七中学校、第八中学校の卒業生及びその学区域の居住者を対象とし、午後0時30分から1時20分まで行いました。

第2回は、第三中学校、第四中学校、第五中学校、第六中学校の卒業生及びその学区域の居住者を対象とし、午後3時から3時50分まで行いました。 

内容

調布中学校和太鼓部による演奏がオープニングを飾り、調布市長からの主催者挨拶、調布市議会議長からの祝辞がありました。

和太鼓部の演奏の様子

続いて、出席者代表として、第1回は勝田愛梨さんと原田桜子さんが「はたちの主張」を行い、第2回は張皓さんが「はたちの主張」を行いました。

勝田さんのはたちの主張の様子

原田さんのはたちの主張の様子

張さんのはたちの主張の様子

その後、調布市の姉妹都市である長野県木島平村の紹介映像や、FC東京の森重真人選手と石川直宏クラブコミュニケーターからのお祝いメッセージを上映しました。

森重選手からのビデオメッセージの様子

石川直宏クラブコミュニケーターからのメッセージの様子

二十歳を祝う会

二十歳のつどい開始前には、調布市役所前庭にて、市立中学校関係者による「二十歳を祝う会」が開催されました。中学校時代の懐かしい写真や先生方からのメッセージ等が展示され、参加者は各中学校のブースに集まり、友人との久しぶりの再会を楽しんでいました。

二十歳を祝う会の様子

二十歳を祝う会の展示を見る参加者の様子

令和5年調布市二十歳のつどい実行委員会の活動

令和5年調布市二十歳のつどい実行委員会は、市内の大学からの推薦者や市報等で公募した二十歳前後の若者で構成され、令和5年調布市二十歳のつどい情報紙の作成等を行いました。

情報誌

情報誌の表紙及び裏表紙の写真

情報誌の中面の写真

実行委員が表紙、裏表紙含め、意見を出し合いながら作り上げた冊子です。

記念品等について

令和5年1月13日(金曜日)に対象者に記念品等(水木しげる名言オリジナルエコバッグ、選挙啓発グッズ、令和5年調布市二十歳のつどい情報誌等)を郵送しました。

記念品(水木しげる名言オリジナルエコバッグ)

記念品の写真

調布市二十歳のつどいのオリジナルデザインのエコバッグです。

選挙啓発グッズ

選挙啓発グッズの写真

選挙管理委員会が、選挙の啓発グッズとしてマルチフセンを対象者に配付しました。グッズは二十歳のつどい実行委員会で選びました。

ARフォトフレーム

調布市二十歳のつどいオリジナルARフォトフレーム(3種類)を配信しています(配信期間は令和5年1月1日から2月28日まで)。

関連動画

二十歳のつどい(第1回)の動画(動画配信期間は令和5年1月30日から2月28日まで)(YouTubeへ外部リンク)

二十歳のつどい(第2回)の動画(動画配信期間は令和5年1月30日から2月28日まで)(YouTubeへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 社会教育課
電話番号:042-481-7487から90
ファクス番号:042-481-7739
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。