年金手帳から基礎年金番号通知書へ

2022年3月14日 登録

令和4年4月1日から年金手帳が廃止され、基礎年金番号通知書が交付されます

令和4年4月1日以降初めて年金制度に加入する方には、従来の年金手帳に代わり、基礎年金番号通知書が交付されます。
また、紛失等で年金手帳の再交付を希望される場合も、令和4年4月1日以降は基礎年金番号通知書が交付されます。

(注)再交付の場合、申出日に関わらず、日本年金機構での処理が令和4年4月1日以降であれば基礎年金番号通知書が交付されます。

既に交付されている年金手帳や年金証書はこれまでどおり使用可能です

お手元にある年金手帳や年金証書は、引き続き、基礎年金番号を明らかにする書類としてご利用いただけますので、大切に保管してください。
紛失等で再交付を希望する場合を除き、既に年金手帳をお持ちの方に改めて基礎年金番号通知書が交付されることはありません。

年金手帳と基礎年金番号通知書のイメージ画像

詳しくは、令和4年4月から年金制度が改正されます(日本年金機構ホームページ)(外部リンク) をご覧ください。

問い合わせ先

日本年金機構 府中年金事務所
電話番号 042-361-1011

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 保険年金課 国民年金係
電話番号:042-481-7062
ファクス番号:042-481-6442
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。