生活ひとくちメモ「ジャンプ式折りたたみ傘の扱いに注意」

2022年3月5日 登録

ジャンプ式折りたたみ傘の扱いに注意

ジャンプ式(自動開閉式)折りたたみ傘でけがをしたという事故が起きています。取り扱いを間違うと大けがになることもあるので注意が必要です。

事故の例

  1. ジャンプ式折りたたみ傘をたたむときに、柄の部分(以下“手元”という)を押し込んだ。完全に押し込めず、手を放した途端に“手元”が飛び出して目にあたった。眼球を損傷して視力が低下した。
  2. ジャンプ式折りたたみ傘を閉じて、中棒を押し込んだら跳ね返ってきた。“手元”が口に当たり前歯が折れた。

特徴

ジャンプ式折りたたみ傘は、強力なバネが内蔵されており、ボタンを押すとバネが伸びて傘が開く仕組みです。小さく収納するときは手の力で押して縮めます。途中で手を放すとバネの力で勢いよく“手元”が飛び出すためケガの原因になります。
スーパーやコンビニなどで手軽に購入でき、傘の開閉が“手元”のボタン一つでできるので、手がふさがっていても便利な反面、力が弱い人には収納が難しいため取り扱いには注意が必要です。

使用するときの注意点

  • 収納するときは傘を縦ではなく横向きにして中棒を縮める
  • 収納するときはカチッと音がするまで押し続ける
  • 飛び出し防止機能がついた商品を選ぶ
  • 取扱説明書をよく読む


(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ令和4年3月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。