令和2年度下水道事業会計決算の概要

2022年3月14日 登録

決算の概要

下水道事業は、中長期的な視点に立った経営基盤の強化及び財政マネジメントの向上を図るため、令和2年度から地方公営企業法を適用し公営企業会計に移行しました。

令和2年度の収益的支出の総額(消費税抜)は43億8800万円余、資本的支出の総額(消費税込)は8億5400万円余となりました。経営状況については、当年度純損失が2800万円余となり、当年度未処理欠損金も同額の2800万円余となりました。また、令和2年度末時点における財政の状態については、資産合計額315億7500万円余のうち、現金預金残高が9億4100万円余、負債合計額283億5100万円余のうち、企業債残高が72億3900万円余、繰延収益が204億4200万円余、資産合計額から負債合計額を差し引いた資本合計額が32億2400万円余となりました。

令和2年度の主な事業として、まず、次期下水道総合計画にあたる下水道ビジョンを策定しました。2点目として、令和元年台風第19号の浸水被害を受け、原因究明等のための浸水シミュレーションによる検証及び対策案の検討を行うとともに、水位計・監視カメラ等の観測機器や可搬式排水ポンプの配備等を行いました。3点目として、長寿命化計画から移行する形で老朽化・劣化対策に取り組むストックマネジメント計画を策定しました。4点目として、仙川汚水中継ポンプ場の自然流下化事業において、地質調査及び工事に向けた設計を行いました。

決算の概要の詳細は、ダウンロードファイルをご覧ください。
決算書は、関連リンクより「議案第47号令和2年度調布市下水道事業会計決算の認定について」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 下水道課
電話番号:042-481-7228から7231
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。