標準利用期間を超えた支給決定の要否に係る勘案事項書式(自立訓練、就労移行支援、自立生活援助、地域移行支援)

2022年3月23日 登録

標準利用期間を超えた支給決定の要否に係る勘案事項書式(自立訓練、就労移行支援、自立生活援助、地域移行支援)

障害者総合支援法に基づくサービスのうち、「標準利用期間」が定められている以下のサービスについて、「標準利用期間」を超えてさらに利用が必要な場合は、市町村審査会(調布市障害支援区分判定審査会)での審査を経ることとされています。

対象サービス及び標準利用期間

  • 自立訓練(機能訓練) 1年6か月
  • 自立訓練(生活訓練) 2年
  • 宿泊型自立訓練  2年
  • 就労移行支援 2年
  • 自立生活援助 1年
  • 地域移行支援 6か月 (注)2回目以降の更新のみ審査対象

勘案事項の作成書式

審査会の審査にあたっては、以下の書式により資料を作成し、審査を行います。

作成にあたっては、ご利用中の事業所に協力をお願いする場合があります。

「標準利用期間」を超えた利用の申請等にあたっては、事前に地区担当ケースワーカー(相談係042-481-7094)へご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 障害福祉課
電話番号:042-481-7094・7089・7135
ファクス番号:042-481-4288
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。