生活ひとくちメモ「成年年齢が18歳に引き下げられました」

2022年4月5日 登録

成年年齢が18歳に引き下げられました

民法の改正により、4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられました。今後は自分の意思のみでさまざまな契約ができるようになります。一方、飲酒や喫煙、競馬・競輪などのギャンブルは、従来通り20歳まで禁止されます。

未成年者契約の取消し

未成年者は成年者と比べて知識や経験が不足していることから、一定の要件を満たした場合、契約を取り消すことができます。契約を取り消すと、支払った代金があれば返金されます。受け取った商品がある場合は、原状のまま返品することになります。

トラブルに遭わないために

成年年齢の引き下げにより、18・19歳の消費者トラブルが増える恐れがあります。この年代は儲け話などお金に関するトラブルのほか、エステティックサービスや美容医療など美容に関するトラブルが多くみられます。うまい話をうのみにせず、よく考えてから契約しましょう。困ったときは早めに相談してください。

(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ令和4年4月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。