まだまだ間に合う夏休み自由研究!今年の夏は「地球温暖化対策」について調べてみよう!(役立つサイトを集めました。)

2022年8月6日 登録

「地球温暖化対策」のことを知ることができるサイト、集めました。

調布市地球温暖化対策啓発キャラクター ゴヤたん 画像

いま世界中で異常気象による被害が発生しています。地球温暖化が原因となる、気候変動という地球規模の問題の解決に向けて、日本は「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」を目指しています。

このまま何もしなければ、21世紀末の世界の平均気温は最大で4.8℃上昇し、東京では1年の約3割が真夏日(最高気温が30℃以上)になるという予想もあります。

地球温暖化を食い止め、様々な命を守るために必要なのが「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」です。そして、それを実現するのが、わたしたち、一人ひとりの日々の生活を少しずつ変えることです

この夏は、地球温暖化対策について学んで、夏の宿題を終わらせつつ、みんなでいっしょに未来の地球環境を守りませんか!

「地球温暖化対策」のことを知ることができるサイト

地球温暖化防止ハンドブック「あっつい!ちきゅうのみらいをみんなのチカラでかえていこう!」(外部リンク)

JCCCAホームページイメージ

  1. 作成/JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)
    JCCCAは、地球温暖化防止のことを調査したり、広報したりして世の中の地球温暖化防止活動を進めていくための組織です。
  2. ハンドブック内容
    地球温暖化で、私たちの地球は今どうなっている?将来どうなっていく?私たちは今何をすればいいの?「しーちゃん」と一緒に見て学んでいく冊子です。
  3. イチオシ!
    かわいらしい絵柄ですいすい読み進められながらも、しっかりしたデータがのっていて、大人も「へぇ」と言いながら一緒に学べます。

国立環境研究所「夏の大公開2022」((注)アーカイブ公開中)(外部リンク)

国立環境研究所ホームページイメージ

  1. 作成/国立環境研究所
    国立環境研究所は、幅広く環境について研究する、日本唯一の公(おおやけ)の研究所です。
  2. 動画内容
    海が二酸化炭素(CO2)を吸収している?吸収したらどうなる?海水のCO2吸収を色で確かめる“海水酸性化実験”や、気候変動から身を守る「適応」について学べるデジタル紙芝居、国立環境研究所の研究施設(スカイツリーにもあるの!?)を知ることができるラボツアーなど、大ボリュームの動画で環境研究のことや国立環境研究所のことを知ることができます。
  3. イチオシ!
    第一線ではたらく専門家が解説してくれているので、とても分かりやすいです。
    チャプター分けされているので、気になるところだけ見ることもできます。
  • 100人で海水酸性化実験
  • 未来の環境博士!つくばちびっ子博士
  • 国環研って、こんなとこ!
  • 見せます、答えます、クイズもします、ごみと資源の話
  • サステナブルな暮らしを知ろう
  • 琵琶湖コイ・フナの1年を追跡せよ!固有種と食文化を救う最新科学の挑戦
  • つくば×観測サイト 生中継ラボツアー
  • デジタル紙芝居「こんにちは、適応策」
  • 国立環境研究所寄附金プロジェクトについて
  • 「本音で「ごみ」トーク!“ごみの未来”は私たち次第?」

A-PLAT KIDS「こんにちは、適応策。」(外部リンク)

A-PLATホームページイメージ

  1. 作成/国立環境研究所気候変動適応センター
    国立環境研究所気候変動適応センターは、 激しい気候の変化による悪い影響をできるだけ抑えるため、A-PLATを通じて、気候の変化に適応していくために参考になる情報を分かりやすく発信する役割を担っています。
  2. サイト内容
    「今の東京の気温は100年前の九州の南くらい!?」
    地球温暖化対策では、温室効果ガスの排出量を減らす努力など、これまで広く知られてきた「緩和策」に加えて、これからの時代は、すでに起こりつつある気候変動の影響への「適応策」にも力を入れることが大事です。
    「適応策」っていったいどういうもの?を、学ぶことができます。
  3. イチオシ!
    気候変動の適応に焦点を当てて、イラストやグラフを交えてとても分かりやすく解説しています。
    すぐに使える、夏休みの自由研究や調べ学習に使えるワークシートも用意されています!
    気候変動適応クイズにもチャレンジしてみよう!
  • はじめに/過去100年間の気温の変化
  • 1時間目/適応って何だろう?
    食を守るための「適応」
    気象災害からくらしを守るための「適応」
    健康を守るための「適応」
  • 2つの気候変動対策
  • 2時間目/適応をもっと学ぼう!
    日本の気候は地域によって様々
    日本の影響と適応策:都市部や住宅地
    世界の影響と適応策
  • デジタル紙芝居「こんにちは、適応策」!
  • 環境学習・自由研究素材
  • 未来の天気はこうなる!?
  • 気候変動適応クイズ・e-ラーニング教材
  • 絵巻物「適応策の心得」を作ろう

「知って、学んで。夏の特大号 はじめてみようゼロエミな暮らし」(外部リンク)

ゼロエミな暮らしホームページイメージ

  1. 作成/クール・ネット東京
    「クール・ネット東京」は、東京都地球温暖化防止活動推進センターの愛称です。
    東京都のいろいろな地球温暖化対策の仕事を行っていて、会社や家庭の省エネルギーと再生可能エネルギーの取組の手助けをしています。
  2. サイトの内容
    二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにすることを目指す“ゼロエミな暮らし”の実践していくための知識を学ぶことができます。
  3. イチオシ!
    「自由研究特集」で地球温暖化、太陽エネルギー、省エネ、SDGs、それぞれの研究に役立つワークシートを用意しています。

「家庭の省エネハンドブック2022」(外部リンク)

家庭の省エネハンドブックホームページイメージ

  1. 作成/クール・ネット東京
    「クール・ネット東京」は、東京都地球温暖化防止活動推進センターの愛称です。
    東京都のいろいろな地球温暖化対策の仕事を行っていて、会社や家庭の省エネルギーと再生可能エネルギーの取組の手助けをしています。
  2. ハンドブック内容
    地球温暖化のことや、東京都の今の状況、家庭ではどんなふうにエネルギーが使われている?といったことや、家庭でできる省エネルギーの取組のことを、とても分かりやすくまとめたハンドブックです。
  3. イチオシ!
    これ一冊あれば、我が家の省エネ大臣になれる!(かもしれません。)

「もっと先の未来を考えるエコ・マガジンecojin "eco scope"」(外部リンク)

エコジンホームページイメージ

  1. 作成/環境省
    環境省は、地球環境を守るために、いろいろな情報を伝えたり、いっしょに行動したり、現在の環境を未来につなぐために決まりなどをつくったりする、国の機関です。
  2. サイトの内容
    「IPCC」や「WBGT」、「17Goals」など、気になるキーワードや数字ごとに情報をまとめています。
    サイト全体の「ecojin」では、ほかにも、外来種はどっち?「直感でクリック いきものクイズ」やエコグッズの紹介、SDGsライフのヒントなど、幅広く環境について知ることができます。
  3. イチオシ!
    ecoscopeでは「なんだろう?」と思ったらすぐに知ることができるように、気になるキーワードや数字に関する情報をとてもコンパクトにまとめていて、ぱっと見てぱっと知ることができます。

「COOL CHOICE 2100年未来の天気予報」(外部リンク)

クールチョイスホームページイメージ

  1. 作成/環境省
    環境省は、地球環境を守るために、いろいろな情報を伝えたり、いっしょに行動したり、現在の環境を未来につなぐために決まりなどをつくったりする、国の機関です。
  2. 動画の内容
    2100年の未来では、天気予報番組は何を伝えるのでしょうか?
    世界の目標(パリ協定)の「世界の平均気温上昇を1.5度以下に抑える」ことが「できた未来」と、「できなかった未来」、それぞれの夏と冬を想定した天気予報から、このままだと将来どうなるのか、学ぶことができます。
    「COOL CHOICE」では、ほかにも動画コンテンツを用意していて、地球温暖化が引き起こすさまざまな影響を、お笑い芸人のカミナリが先生となってわかりやすく解説してくれる動画など、いろいろなものがありますので、ぜひご覧ください。
  3. イチオシ!
    未来の天気予報番組をとおして、人類が温暖化対策を頑張った未来と、頑張れなかった未来の二つの未来を疑似体験することができます。

調布市からお知らせ

調布市のCO2排出量部門別の割合調布市地球温暖化対策啓発キャラクターゴヤたん

2020年の3月末現在で、調布市内では、家庭と業務(会社・お店・学校などのこと)から排出されている二酸化炭素の量が、上のグラフのとおり、市内の75パーセントと、ほとんどを占めています。

調布市の地球温暖化対策として、「調布市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(3MB)(PDF文書)」という計画を作っていて、市民、事業者、市のみんなで協力・連携して取り組むことによって、調布市から出されている温室効果ガスを減らすことと、太陽光発電などの再生可能エネルギーを増やすことを目指しています。

そして、2030年度の調布市内の二酸化炭素排出量を2013年度のときと比べて、40パーセント(約31万トン)削減することを目標にしています。

調布市から「地球温暖化対策」のことを知ることができるコンテンツをお届け

  1. こども版調布市環境基本計画
    こども版環境基本計画イメージ
    内容
    令和3年3月に、調布市の環境全般についてのきめ事をしている、調布市環境基本計画を新しくしています。
    それを次世代を担う皆さんに届けたくて、こども版として作成しました。
    調布市環境基本計画の5つの基本目標
  • 基本目標1 豊かな緑と水や多様な生物を育むまち
  • 基本目標2 人と環境が調和する快適で美しいまち
  • 基本目標3 安心して暮らせる生活環境が確保されるまち
  • 基本目標4 脱炭素で循環型の社会を目指すまち
  • 基本目標5 みんなの力でより良い環境を目指すまち
  1. パンフレット「海洋プラスチックごみ問題を知っていますか?」
    海プラパンフレットイメージ
    内容
    プラスチックの原料は、石油です。プラスチックごみを減らすことは、温室効果ガスの削減にもつながります。
    また、プラスチックごみは海に流れ出ると、いきものや景観に影響を与える、世界的な環境問題になっています。
    調布市でも「CHOFUプラスチック・スマートアクション」と題して、ペットボトルのない自動販売機の採用や、多摩川でのごみ拾い活動など、いろいろな取組を行っています。
  2. リーフレット「SDGsについて学ぼう」
    SDGsについて学ぼうリーフレットイメージ
    内容
    環境問題をはじめ、世界にはたくさんの課題があります。このリーフレットでは、SDGsについて私たちができることを紹介しています。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。