調布市 Chofu City
みんなが笑顔でつながる
ぬくもりと輝きのまち調布

生活ひとくちメモ「山林や別荘地を高く売りつける原野商法の二次被害に注意」
山林や別荘地を高く売りつける原野商法の二次被害に注意
過去の原野商法の被害者を狙った二次被害が発生しています。原野商法とは、価値のない原野や山林を値上がりするなどと言って売りつける商法です。
相談事例
30年程前に不動産業者から将来値が上がると勧誘され山林を購入したが、値が上がることはなく放置していた。2か月前に知らない不動産業者から、「あなたが所有している山林を高値で買いたい人がいる。」と電話があり、悪い話ではないと思い自宅で話を聞いた。山林を売却するには、調査整地費用の150万円が必要と言われ、売却できるならと思い支払った。その後不動産業者から、「買主が辞退したので話は白紙に戻す。その代わり、将来太陽光発電の会社が高値で買い取る予定の別の山林を400万円で譲る。」と電話があった。不審なので断り、今まで支払ったお金を返して欲しいと伝えたら、業者と連絡が取れなくなった。
トラブルを防ぐために
◆原野商法の二次被害では、契約後に業者と連絡が取れなくなることが多く、一度支払ったお金を取り戻すことは困難です。土地を売却できるという業者の説明を鵜呑みにせず、安易な契約はやめましょう。
◆高齢者の被害が多く見られます。ご本人が用心するだけでなく、周りの方々も日頃から高齢者を見守りましょう。
 
(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ令和3年6月5日号)





関連情報
調布市消費生活センター



−お問い合わせ−
生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
メールアドレス:bunsin@w2.city.chofu.tokyo.jp
調布市役所
〒182-8511
東京都調布市小島町
2丁目35番地1
電話番号:042-481-7111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日まで(祝日・年末年始を除く)午前8時30分から午後5時15分まで
法人番号:7000020132080
Copyright (c) Chofu City
all rights reserved.